35人、全員密着。

あの頃、一度も話さなかったあの人は、
何を考えていたんだろう。

あの頃、
一度も話さなかったあの人は、
何を考えていたんだろう。

とある中学校の3学期、「2年6組」35人全員に密着し、ひとりひとりの物語を紐解いていく。
そこには、劇的な主人公もいなければ、大きなどんでん返しもありません。
それなのになぜか目が離せないのは、
きっとそれが「誰もが通ってきたのに、まだ誰も見たことのなかった景色」だから。
そしてその35人全員が、どこか自分と重なってしまうからかもしれません。
まだ子供か大人かも曖昧なその瞬間、私たちは、何に傷ついて、何に悩んで、
何を後悔して、何を夢見て、何を決意して、そして、何に心がときめいていたのか。
これは、私たちが一度立ち止まり、
いつでもあの頃の気持ちに立ち返るための「栞」をはさむ映画です。

とある中学校の3学期、
「2年6組」35人全員に密着し、
ひとりひとりの物語を紐解いていく。
そこには、劇的な主人公もいなければ、
大きなどんでん返しもありません。
それなのになぜか目が離せないのは、
きっとそれが「誰もが通ってきたのに、
まだ誰も見たことのなかった景色」だから。
そしてその35人全員が、どこか
自分と重なってしまうからかもしれません。
まだ子供か大人かも曖昧なその瞬間、
私たちは、何に傷ついて、何に悩んで、
何を後悔して、何を夢見て、何を決意して、
そして、何に心がときめいていたのか。
これは、私たちが一度立ち止まり、
いつでもあの頃の気持ちに立ち返るための
「栞」をはさむ映画です。

TRAILER


予告編

90秒編
30秒編
日常編

COMMENTS


コメント

映画を観た、というより、思い出が一つ増えた、そんな体験

うえはらけいた(30代 / 漫画家)

なんだろうこれ?!?!20年ちかく埋もれてた感情がみるみる蘇ってあふれだす特殊体験。

スイスイ(30代 / エッセイスト)

世界中の14歳を抱きしめたくなる

田邉奈都子(40代 / 主婦)

そんなとこまで映しちゃうんだって、ずっと釘付けだった。

三上真奈美(20代 / 広告代理店)

いまはどの言葉もしっくり来ない感じ。
でも見てよかったなっていうのは確かに思ってる。

(40代 / ITエンジニア)

かつて自分が経験した「リアル」よりもはるかに大きなリアリティ

松本窓(20代 / 映像監督)

あらためて自分の物語を開き直さざるを得なくなるような、そんな強烈な1ページでした。

あかしゆか(20代 / 編集者・ライター)

あの頃の俺もいたし、あいつもいた

むう(20代 / 広告業)

まるで35回、中学生をやり直すような体験

ゆうせい(40代 / 映画ライター)

観る人によって感想が変わる映画。世の中にはこういう映画がもっと必要だ。

ぶんけい(20代 / 企画屋・インフルエンサー)

理由がわからない涙が初めてだった。

西ヶ谷俊介(20代 / 大学生)

時間が経つほど感想が沸き出てくる

Iku(10代 / 高校生)

色んな想いでぐるぐるして、今もうまく言葉にできません

きのぱんこ(40代 / 主婦)

ほんの一部だけど、こんな大切な一部を見ちゃっていいんですか。ありがとう。ありがとう。

寺田華佳(20代 / 女優)

映画を観てる最中、無意識に忘れようとしていた引き出しが、何回か開いた。

東畑幸多(40代 / クリエイティブディレクター)

すごいものを観た。あの頃の感情が鮮やかに吹き出してきて動揺した。
クラスの中でどう過ごしたかによって、全く違う体験になる映画だと思った。

眞鍋亮平(40代 / クリエイティブディレクター)

いやー、観る前の予想を完全に覆された。眼差しの優しさに、観ている途中で感動が止まらなくなる。

佐渡島 庸平(40代 / 編集者)

一人一人が愛おしい。…話したい気持ちが止まらない!

vert(60代 / 会社員)

自分の中の中2と強制的に向き合わされる体験

青木耕平(40代 / 経営者)

300時間観れる

小島翔太(30代 / プランナー)

この映画を観ると、14歳の頃の自分を再発見できると思う。陰キャラだとか、陽キャラだとか、くだらないけれど、それが全てだった。

りょかち(20代 / コラムニスト・コンテンツプランナー)

STAFF


スタッフ

監督
竹林亮

CM、YouTubeオリジナルコンテンツの制作会社を経て、2016年よりフリーランスに。
2019年に監督/原案/脚本を務めたYouTube短編映画「ハロー!ブランニューワールド」は国内外で約5000万回の視聴を達成し、
アジア最大級の国際短編映画祭でベスト・オブ・ザ・イヤー(大賞)を受賞。
時代を問わない普遍的なストーリーをもつ、あたたかな映像作品を得意とし、現在はリモート演劇、映画等、表現は多岐にわたる。

企画・プロデュース
栗林和明

CHOCOLATE Inc.プランナー。映像企画を中心として、空間演出、商品開発、統合コミュニケーション設計を担う。JAAAクリエイターオブザイヤー最年少メダリスト。カンヌライオンズ、スパイクスアジア、メディア芸術祭、ACCなど、国内外のアワードで、60以上の受賞。米誌Ad Age「40 under 40(世界で活躍する40歳以下の40人)」で、アジアから唯一の選出。

SPECIAL THANKS

abc def aaa ooo